日本進出(?) フランスメーカーWikoのFever SEを買った話 (4)

2017/03/29

こんにちは。

Wiko日本進出予定ということで沸いている中の人です。(某会社某会社みたいに進出するする詐欺にならないか心配ですが。某会社みたいに進出して即撤退になられても困りますけどね。)

wiko_japan (Wiko Mobile Globalより)

さて、前回(フランスメーカーWikoのFever SEを買った話 (3))の続きです。前回は褒めたつもりなので、今回はFeverをサブ機として使っていて気になったところがあるので紹介しようと思います。

スペックの割に動作が重い

SoCは、MT6753。2015年中頃まではMediaTekのハイエンドSoCで、今でも各社フラッグシップモデルにも搭載されていたりします。

MT6753を搭載して日本でも発売されている代表的な端末は、前回の記事でも言ったFREETEL SAMURAI REIや、ZTE Blade V580など。

ですが、どうしても家電量販店で展示されている同SoC搭載モデルと比べると、似たようななスペックでも動作が重い。。。

そこでプリインストールされているWiko謹製ランチャーから乗り換えると途端に軽くなりました。少しですが。

ただ、Wiko謹製ランチャーは何かと便利でもありますし、ジェスチャー機能が使えなくなるのが一番痛いです。(スマートジェスチャー機能は使用可能)便利機能が付けばつくほど動作が重くなるということですね...

ソフトウェアのアップデートで解決されることを願いましょう。

バッテリーの減りが早い

これは自分が入れているSIMがデータ通信専用(SMS非対応)なのがいけないのかもしれませんが、電池の減りが思っている以上に早いです。

フルで使うと1日持たないと思われます...

飯テロできない

次の写真を見てください。

かなり前ですがWiko Fever SEでマク○ナルドのテ○サスバーガーを撮ってみました。

設定はすべてオートです。撮り方が下手と言われればそれまでですが、こんなハンバーガーを食べたくなるでしょうか。

これはあくまで一例ですが、とにかくカメラの質が昔の中華スマホ並みです。製造は中華なので仕方ないとは言わせませんよ。

こればかりはアップデートで解決...なんてことはおそらく出来ないので残念です。

ちなみに風景は...

うーん...まぁ頑張ってる?

推している機能が一番使えない

私もフランスでWiko Feverを買ったのにも理由がありまして、"変態スマートフォン"といういわゆる変な機能を持ち合わせているスマートフォンだと思ったからです。

どこが変態なのかと言ったら前記事でも言ったとおり、側面が蛍光塗料(?)によって発光するというよくわからない機能がついています。

しかし、これが全く役に立たない。てっきりWikoが出してるイメージ画像通りにピカーーーって光るのかと思いました...が、全くと言っていいほど光らない。写真は撮っても映らないのでありません。

 

ソフトウェア自体はかなり出来が良いWiko、あともう一息という感じですね。日本進出が楽しみです。

これで一旦Wiko Fever SEのレビューは締めさせていただきます。何かご質問等あればコメントへ。

それでは~

-Wiko, レビュー, 雑記
-, ,