Snapdragon 835 (MSM8998) 搭載機をまとめてみる

2017/08/05

QualcommのハイエンドSoCであるSnapdragon 835 (MSM8998) 搭載機をまとめてみました。

毎度ですが備忘録なので、間違っていたり抜けている機種があればご指摘ください。

Snapdragon 820、Snapdragon 821搭載機まとめも併せてご覧いただけたらと思います。

Snapdragon 820搭載機をまとめてみるSnapdragon 821搭載機をまとめてみる

(最終更新:2017/08/05)

日本のキャリアで発売されている機種に型番を追加しました。(D:NTTドコモ, A:au, S:SoftBank)

SONY Xperia XZ Premium (D:SO-04J)

Xperia XZ Premium スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 156mm×77mm×7.9mm/約195g
画面サイズ 5.5インチ (2160×3840 4K)
RAM/ROM 4GB/64GB

MWC2017でSony Mobileが発表したハイスペックスマートフォンです。XZs(Snapdragon 820搭載)、XA1(Helio P20搭載)、XA1 Ultra(Helio P20搭載)と共に発表されました。

5.5インチ4K解像度液晶(3840×2160ドット)を搭載している他、MotionEyeセンサーを搭載したカメラを採用。RAMは4GB、ROMは64GB搭載しています。

Xperia独特のデザインを残しつつ、背面にはZ5 Premium同様の鏡面仕上げを採用。デザイン、性能を両方から攻めたとても完成度の高いスマートフォンに仕上がっています。

参考:Xperia™ XZ Premium|Sony Mobile (Global UK English)

Samsung Galaxy S8 (D:SC-02J, A:SCV36)/ S8+ (D:SC-03J, A:SCV35)

Samsung Galaxy S8 / S8+ スペック
  Galaxy S8 Galaxy S8+
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 148.9mm×68.1mm×8.0mm/155g 159.5mm×73.4mm×8.1mm/173g
画面サイズ 5.8インチ (1440×2960  QHD+) 6.2インチ (1440×2960 QHD+)
RAM/ROM  4GB/64GB (発売地域により異なる)

Samsungの最新フラッグシップモデルです。S8とS8+の二機種が発表されました。

先代から大幅にデザインが刷新され、Galaxyシリーズの象徴とも言えるホームボタンはソフトウェアキーに。また、二機種ともベゼルを最小限に抑えたInfinity Displayを採用し、画面縦横比18.5:9のQHD+解像度のディスプレイが搭載されています。

基本スペックもかなり高く、4GBのRAMに64GBのROMを搭載(発売地域によって異なる可能性あり)。指紋認証の他にIrisPassportの技術を使った虹彩認証の他、顔認証も可能となっています。BixbyというSamsung独自の音声アシスタントも搭載されていていますが、現時点で英語、スペイン語、韓国語しか対応していないようです。

オーディオ面にも力を入れていて、DSD64/128の再生が可能(ネイティブかは不明)。もちろん3.5mmイヤホンジャックは健在で、Samsungの傘下となったAKG製イヤホン(一万円相当)が付属します(発売地域によって異なると思います)。

発売地域によってはSamsung製のSoCであるExynos 8895が載っているみたいです。

参考:Samsung Galaxy S8 and S8+|The Official Samsung Galaxy Site

SHARP AQUOS R (D:SH-03J, A:SHV39, S:604SH)

SHARP AQUOS R スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 153mm×74mm×8.7mm/169g
画面サイズ 5.3インチ (1440×2560 WQHD)
RAM/ROM 4GB/64GB

SHARPが新たに発表したAQUOSスマートフォンのハイエンドシリーズです。これまでキャリアごとにバラバラだった筐体やモデル名を統一しました。Rは、Reality/Response/Reliability/Roboticsの頭文字から取ったといいます。

ハイエンドに相応しい製品に仕上がっていて、HDR10規格準拠で120Hz駆動のWQHD解像度IGZO液晶を採用している他、4GBのRAMに64GBのROMを搭載。

そして、発売後2年間はOSアップデートが約束されているなど、アフターサポートもしっかりしています。夏頃に発売される見込みです。

参考:AQUOS Rスペシャルサイト|AQUOS

Xiaomi Mi6

Xiaomi Mi6 スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 145.17mm×70.49mm×7.45mm/168g(亮黑/亮蓝/亮白版)・182g(陶瓷尊享版)
画面サイズ 5.15インチ (1080×1920 FHD)
RAM/ROM 6GB/64GB・128GB

Xiaomiが新たに発表したフラッグシップモデルです。Mi5またはMi5sの後継機と見られています。

今回フラッグシップモデルシリーズでは初となるデュアルカメラを搭載。1200万画素×2のレンズを搭載していて、光学2倍ズームを可能にしました。

RAMは6GB、ROMは64GBか128GBから選択できます。3.5mmイヤホンジャックは廃止されたようなので、音楽を聴くには多少不便になりました。

参考:小米6|小米商城

HTC U11 (A:HTV33, S:601HT)

HTC U11 スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 154mm×76mm×8.3mm/170g
画面サイズ 5.5インチ (1440×1560 WQHD)
RAM/ROM 4GB/64GB

HTCが新たに発表したUシリーズのフラッグシップモデルです。

今回新たにエッジ・センスと言う機能を搭載し、スマホ本体を握ることで写真を撮ったり特定のアプリを立ち上げるなどの操作が可能となっています。

カメラ評価の権威である"DxO Mark"からは、モバイル部門で最も高いカメラスコアを獲得しており、きれいに写真を撮ることができるようです。

デザインはU Ultra等のUシリーズ寄りになっていて、フラッグシップモデルで今まで採用していた金属ボディからガラスへと刷新されています。リキッド・サーフェスという屈折率の高い材質を何層にも組み合わせ、水のようななめらかな背面を実現しています。

参考:HTC U11 | HTC 日本

nubia Z17

nubia Z17 スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 152.6mm×72.38mm×7.6mm/173g
画面サイズ 5.5インチ (1080×1920 FHD)
RAM/ROM 6GB/64GB(曜石黑, 旭日金, 烈焰红)
6GB/128GB(黑金)・8GB/128GB(极光蓝)

中国ZTE(中興通訊)社のブランドであるnubia(努比亚)のフラッグシップモデルです。

毎度おなじみの狭額ディスプレイを採用していて、5.5インチ FHDディスプレイを搭載していながら5.0インチスマートフォンクラスのサイズを実現しています。

今モデルはnubiaブランドでは初となる防水機能(生活防水程度)に対応した他、2300万画素+1200万画素のアウトデュアルカメラを搭載。

また、最上位モデルではSnapdragon 835搭載機では初となる8GBのRAMを搭載し、ROMは128GBとかなりハイスペックに仕上げています。標準モデルも6GBのRAMを標準搭載し、ROMは64GBまたは128GBから選べます。

参考:nubia Z17|努比亚nubia智能手机官网

Essential PH-1

Essential PH-1 スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 141.5mm×71.1mm×7.8mm/約185g
画面サイズ 5.7インチ (1312×2560 QHD)
RAM/ROM 4GB/128GB

Android社の創業者、Andy Rubin氏が立ち上げたEssential Productの初めてのスマートフォンです。

何と言っても独創的かつ奇抜なデザインが特徴的で、丸角を採用した画面アスペクト比19:10の5.71インチ QHDディスプレイ(2560×1312ドット)を搭載しています。

また、4GBのRAM、128GBのROMを搭載し、加えてオプションの全天球カメラを磁石によって取り付けることが出来る独特な機能も持っています。

参考:PH-1|Essential Products

OnePlus 5

OnePlus 5 スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 152.7mm×74.1mm×7.25mm/153g
画面サイズ 5.5インチ (1080×1920 FHD)
RAM/ROM 8GB/128GB・6GB/64GB

ガジェット好きなどから高い支持を集めるOnePlus社の最新フラッグシップモデルです。

デザインは前機種であるOnePlus3/3TからかなりiPhoneライクになりました。

1600万画素+2000万画素のデュアルフロントカメラを搭載し、5.5インチのフルHDディスプレイを採用しました。

最上位モデルにはSnapdragon 835搭載機では二機種目となる8GB RAMを搭載しており、ROMは128GBとなっています。

標準モデルも6GB RAMに、64GB ROMを搭載していて、文句なしのスペックに仕上がっています。

参考:OnePlus 5|OnePlus

Motolora Moto Z2 Foece Edition

Motorola Moto Z2 Force edition スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ 155.8mm×76mm×6.1mm/143g
画面サイズ 5.5インチ (1440×2560 WQHD)
RAM/ROM 4GB/64GB

Lenovo MotorolaのZシリーズの2世代目であるZ2シリーズのフラッグシップモデルです。Snapdragon 820を搭載したMoto Z/MotoZ Forceの後継機と見られています。前機のMoto Z同様に、拡張アクセサリーのMoto Modsに対応しています。

5.5インチのWQHDディスプレイ、4GBのRAMに64GBのROMを搭載。前機のMoto Zでも薄さが売りでしたが、Moto Z2 Forceはそれよりも薄い6.1mmに。また、更に軽く143gになりました、

アメリカで各キャリアを通して発売された後、各国に投入される見込みです。 

参考:moto z force edition (2nd gen.)|Motorola US

 

番外編

Snapdragon 835搭載リファレンスモデル

Snapdragon 835搭載リファレンスモデル スペック
大きさ(高さ×幅×奥行き)/重さ
画面サイズ ?インチ (1440×2560 WQHD)
RAM/ROM 6GB/64GB

CES2017のQualcommブースで展示されたSnapdragon 835搭載デバイスです。通常モデルと光学ズームレンズ採用モデルの二種類が展示されていたようです。

市販される予定はなく、あくまでSnapdragon 835のデモ機として展示されました。

参考:Snapdragon 835 Processor | QualcommSnapdragon 835 Hands On and Qualcomm Visit Part 1| xda developers

ZTE Gigabit Phone

MWC2017のZTEブースで展示されたSnapdragon 835搭載デバイスです。こちらもあくまでプロトタイプで、製品化されるかは微妙なところです。

キャリアアグリゲーション、4×4 MIMOアンテナ技術、256-QAM モジュレーション技術を搭載したSnapdragon X16 LTEモデムを採用したことに加え、ZTEの独自技術である「Pre5G Giga+ MBBソリューション」とスマート端末により、下り最大1Gbpsの高速通信を可能にしています。

参考:ダウンロード速度最大1Gbpsの「ZTE Gigabit Phone」を発表|ZTE Japan

Snapdragon 835搭載リファレンスモデル (ARM版Windows 10搭載デモ用)

PC Watch (【笠原一輝のユビキタス情報局】Qualcomm、Snapdragon 835でのWindows 10の動作デモを公開 ~2018年には64bitのWin32アプリも動作予定)から引用

COMPUTEX TAIPEIでQualcommが公開した、Snapdragon 835を搭載したARM版WIndows 10が動作するリファレンスモデルです。

HP, Lenovo, ASUSが一般向けの搭載デバイスを作ることを表明しています。

-Snapdragon搭載機まとめ, 備忘, 端末スペック, 雑記
-, , , , , , , , , , ,