Huawei nova ハンズオンレビュー

2017/03/29

日本でもついに販売開始されたHuawei novaを家電量販店にて触ってきました。

Huawei nova (国内版) スペック
メーカー Huawei Technology (中華人民共和国)
大きさ(高さ×幅×厚さ) 141.2×69.1×7.1mm
重さ 146g
画面サイズ / 解像度 5インチ IPS / FHD (1080×1920ドット)
OS Android 6.0 
SoC Qualcomm Snapdragon 625 2.0GHz オクタコア 
GPU Adreno 506 
RAM 3GB 
ROM 32GB 
外部メモリ microSD XC (-128GB)
フロントカメラ 1200万画素
リアカメラ 800万画素 
Wi-Fi b/g/n 
Bluetooth 4.1 with BLE 
モバイルネットワーク LTE:1/3/5/7/8/18/19/28/38/40
3G:1/5/6/8/19
2G:850/900/1800/1900 
GPS A-GPS、Glonass
NFC ― 
USB USB Type-C
バッテリー 3,020mAh 
カラーバリエーション ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールド 
その他 指紋センサー搭載 
デュアルSIM(DSDS(4G/3G/2G+3G/2G)対応)

Huawei novaはHuawei製ながらもQualcommのSoCを搭載しています。昨年はこの時期にSnapdragon 615を搭載したGR5が発売されたのも記憶に新しいですね。

Huawei nova liteも一緒に発売されたのですが、展示はされていないようでした。少し残念。

IMG_20170305_173948R

新商品だからか、Huaweiブースでも一番宣伝されている気がします。

IMG_20170305_173944R

カラーバリエーションは左からミスティックシルバー、ローズゴールド、チタニウムグレーとなっています。意外と高級感があってローズゴールドは若い女性に受けるんじゃないかなと思いました。アンテナラインも本体の色とうまく同化していて、デザインを損なっている印象は受けません。

ただNexus 6Pに似てる感じは否めませんがね...同じHuaweiだからいいけど。

前面。良くも悪くも普通のスマホです。画面の解像度はFullHDとなっていて発色も良好。下部にはHuaweiの文字が鎮座。ナビゲーションバーはハードキーではなく、ソフトウェアキーとなっています。

画面サイズは5.0インチで、昨今発売されているスマホと比べると、小さいのが印象的でした。コンパクト嗜好の人が多い(?)日本では良いのではないでしょうか。

背面。曲線を描いたデザインで、割りと持ちやすい形状になっています。上部の黒い部分にカメラ、LEDフラッシュがあります。中央には指紋センサーが付いていて、下部にはHuaweiロゴ。

右側面から底面。側面には音量、電源ボタンがあります。底面のUSBはType-Cを採用しているらしいです。(確認できず)

QualcommのSoCを採用していて、公式サイトに急速充電対応と明記されていますが、Qualcomm QuickChargeかHuawei独自の急速充電技術どちらなのかは不明です。

左側面。nanoSIM/microSDスロットがあります。SIMピンを刺すタイプのやつです。

おそらく日本で発売されたHuawei端末では二番目となる4G/3G/2G+3G/2GのDSDSに対応しています。この前のアップデートでauVoLTEにも対応したそうで、より快適に使えるようになります。

上部は撮っていません。イヤホンジャックがあるみたいです。

 

動作は意外と軽快で、Snapdragon 625を搭載している割には...という感じでした。同価格帯で同じSoCを搭載しているASUS ZenFone3といい勝負になりそうです。

(03/05 ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店にて試用)

-Huawei, ハンズオン, レビュー, 雑記
-